消費税が10%に 社会保障負担、全世代で
10%が問う日本(1)

2019/10/1 0:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1日午前0時、消費税率が8%から10%に上がった。今回の増税により、高齢化で増える社会保障の費用を社会全体で負担する改革が一歩前進する。ただ米中摩擦で世界経済が変調してきた局面での年4.6兆円の国民負担の増加は、緩やかな回復を続けてきた日本経済の地力が試される試練となる。老後や子育てへの国民の不安を払拭する制度改革も道半ばだ。

【関連記事】
・ポイント還元、手探りの船出 方法・上限額はバラバラ
・簡易…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]