「氷山の一角では」 かんぽ不適切販売、高まる不信感

2019/9/30 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かんぽ生命保険の不適切販売問題を巡る調査で、日本郵政グループは30日、6千件超の法令違反や社内規定違反の可能性があるとの中間報告を発表したが、法令違反の可能性は2割強に及ぶという。郵便局員の勧めで不利な契約を結ばされた高齢者の家族らは「氷山の一角では」といぶかしみ、「信頼を悪用した勧誘。徹底的に調査して」と求める。

都内に住む女性(78)は2017年8月、自宅を訪ねてきた郵便局員3人から、2年後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]