少女像維持、知事が歩み寄り 「不自由展」再開へ

2019/9/30 20:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止された企画展「表現の不自由展・その後」を巡り、不自由展の実行委員会と、大村秀章知事が会長を務める芸術祭の実行委が30日、中止前の展示内容を維持し、事前予約制などの条件付きで再開に向けた協議に入った。10月6~8日の再開を目指し、大村知事が不自由展側に歩み寄った形だ。

不自由展は、元従軍慰安婦を象徴した「平和の少女像」などを巡り脅迫の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]