/

この記事は会員限定です

五輪へ酷暑の課題 テスト大会、熱中症対応に難

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックに向けたテスト大会で、大会組織委員会などは本番を想定した運営を試行している。56大会のうち、今夏までに24大会が終了。検証した結果、暑さにはいっそうの対策が必要とわかり、障害者の移動や現場との情報共有などでも課題が浮かび上がった。

「東京五輪では、棄権者が大量に出る事態を避けなければならない」。ドーハで開かれている陸上の世界選手権の状況に、大会組織委の担当者は気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン