/

この記事は会員限定です

新潟発 水耕栽培と魚養殖の両立工場 プラントフォーム

ビジネス最前線

[有料会員限定]

野菜と魚を同時に育てる新農法「アクアポニックス」。従来よりも大幅な省力化が期待されるこの技術を生かした植物工場が新潟県長岡市に誕生した。運営するスタートアップ企業のプラントフォーム(長岡市)は栽培・養殖した野菜や魚を直接販売するほか、技術やノウハウを売り込む。環境負荷の軽減と収益性の両立をアピールし、国内での普及を目指す。

8月下旬に完成した工場はJR長岡駅から車で15分の住宅街付近にある。広さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン