新潟発 水耕栽培と魚養殖の両立工場 プラントフォーム
ビジネス最前線

2019/10/1 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野菜と魚を同時に育てる新農法「アクアポニックス」。従来よりも大幅な省力化が期待されるこの技術を生かした植物工場が新潟県長岡市に誕生した。運営するスタートアップ企業のプラントフォーム(長岡市)は栽培・養殖した野菜や魚を直接販売するほか、技術やノウハウを売り込む。環境負荷の軽減と収益性の両立をアピールし、国内での普及を目指す。

8月下旬に完成した工場はJR長岡駅から車で15分の住宅街付近にある。広さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]