小袋入り「ご当地の味」、備後産品を追加 JR西系

サービス・食品
中国・四国
2019/9/30 18:57
保存
共有
印刷
その他

JR西日本系のジェイアールサービスネット岡山(岡山市)は1日、岡山県産品が原材料の菓子やおつまみの商品群「JR PREMIUM SELECT」で小袋入りの新シリーズ7商品を発売する。来年開催の「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンが同日から始まるのに合わせ、対象を広島県の備後地域に拡大。当地への誘客PRにつなげる。

パッケージや販売ラックには瀬戸内海をイメージしたデザインを採用した

「せとうちのおいしいシリーズ」として、広島から尾道市産のピリ辛手羽先や因島はっさくピールが登場。岡山からは倉敷市産のドライ白桃などを用意した。瀬戸内海をイメージしたパッケージデザインは、布地や雑貨で名高いブランド「マリメッコ」などを手掛けるデザイナーの鈴木マサル氏が担当。岡山、倉敷、福山、尾道の各駅売店で購入できる。

同商品群の小袋入りでは、まず2017年12月に「岡山のおいしいおやつ・おつまみシリーズ」として高梁市産のドライピオーネや瀬戸内市産のカキの薫製など10商品を投入。18年度は約4万袋を売り上げ、現在も8商品を展開している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]