/

この記事は会員限定です

生産2カ月ぶり減 停滞製造業に増税の試練

[有料会員限定]

製造業の低迷が続いている。経済産業省が30日発表した8月の鉱工業生産指数は前月比1.2%低下した。生産のマイナスは2カ月ぶりだ。米中貿易摩擦などによる外需の減少が響いており、増税前の駆け込み需要に備えた増産の動きも見られなかった。日本経済は景気後退の可能性を抱えながら、消費増税を迎えた。

8月の生産指数やメーカーの先行き予測をまとめた予測調査を踏まえると、7~9月期は2四半期ぶりに前の期を下回る可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り880文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン