マンションにも「光熱費ゼロ」型 大京や野村が熱視線

2019/10/1 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

これまで戸建て住宅が中心だった省エネ型の「ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」がマンションに広がり始めた。太陽光パネルや断熱材で熱効率を高め、最終的に光熱費ゼロを目指す。今年度は野村不動産など12社が参入し、数年で4千戸に増える見通しだ。マンション販売が約30年ぶりの不振にあえぐなか不動産各社は熱視線を送るが、本格普及には補助金頼みの打開が不可欠になる。

大京が5月末に完成させた「ライオンズ芦屋…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]