/

この記事は会員限定です

ものづくりの街・新潟・長岡、ロボ競技に込めた思い

(@news越後)

[有料会員限定]

製造業が盛んな新潟県長岡市で今夏、ロボット競技の祭典「ロボカップ」の日本大会が開かれ、小型ロボットのサッカーリーグで地元チームが初出場初勝利を飾った。地域には子どものころから同競技に親しむ環境がある。なぜこうした環境づくりに力を入れてきたのか。その背景を探ると、「ものづくりの街」の将来への強い危機感があった。

ロボカップ日本大会2日目を迎えた8月17日。地元の長岡工業高等専門学校の学生らでつくる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン