タカラトミー系、80分の1スケール「鉄道の顔」

2019/9/30 17:40
保存
共有
印刷
その他

タカラトミー子会社のトミーテック(栃木県壬生町)は鉄道車両の先頭部を再現したミニチュア「鉄顔(てつがん)コレクション」を発売した。ガラスやライトの部分に透明なパーツを用いるなどデザインにこだわった。中に小さな人形などを入れて楽しむこともできる。子どもや女性から鉄道ファンまで幅広い購入層を見込む。

トミーテックが発売する「鉄顔コレクション」

「鉄顔コレクション」は専用のカードケースに取り付けて持ち運ぶこともできる

大きさは幅4センチメートル、高さ5.5センチ、奥行き2センチほど。約80分の1のスケールで鉄道車両の「顔」を再現した。正面のガラスやライトは透明なパーツを使用。屋根の採光部分に光を当てることでヘッドライトが光る雰囲気を味わえる。前面のパーツが開くため、中に小さな人形などを入れて楽しむこともできる。

車両は現在首都圏を走る「E231系」3種と、かつて全国を走っていた「113系」3種、シークレットカラー1種の計7種を用意した。何が入っているかは買うまでわからない。「鉄顔コレクション」を取り付けられる専用のカードケースも同時に発売しており、置いたり接着剤で壁に付けたりして飾るほか持ち運ぶこともできる。

希望小売価格は税別1000円。子どもや女性、訪日客から鉄道ファンまで幅広く楽しめるグッズとして展開する。全国の量販店やインターネット通販などで販売する。

トミーテックは1976年から鉄道模型ブランド「TOMIX(トミックス)」を販売している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]