アイビック食品が新工場、業務用総菜に本格参入

2019/9/30 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

だし・たれ・スープ製造のアイビック食品(札幌市)は業務用総菜の生産を本格化する。1日に札幌市内の新工場を稼働させ、和総菜や具材入りのスープ、レトルト食品の生産を始める。働く女性や高齢者、人手不足に悩む外食産業の調理時間短縮ニーズを取り込み、総菜の売上高を5年で4倍にする計画だ。

総菜部門はアイビック食品が2018年9月に子会社とした食品加工の総菜開発(札幌市)が主導している。買収直後に発生した北…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]