米久、冷凍ギョーザを発売 ラーメンの幸楽苑とコラボ

2019/9/30 16:37
保存
共有
印刷
その他

米久は幸楽苑と初めてコラボレーションした商品「幸楽苑焼き餃子(ギョーザ)」を発売した。同店の人気メニュー「餃子極」の味を再現した。電子レンジで簡単に調理できるのも特徴で、全国のスーパーのほか、幸楽苑の一部店舗で持ち帰り品として販売する。

幸楽苑の人気メニュー「餃子極」の味を冷凍ギョーザで楽しめる

6個入りで想定販売価格は220~238円。幸楽苑の店頭では240円で販売する。合計で月間7万パックの販売を目指す。製品のトレーに入れたまま電子レンジで約2分半温めるとできあがる。

幸楽苑はラーメン店を全国で約500店展開する。幸楽苑からギョーザの商品化の打診があり、開発に至ったという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]