両親の珍道中 藤崎彩織

エッセー
2019/10/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

父と母は中学の同級生だ。

大人になってから同窓会で再会した訳でも、同級生の結婚式で偶然会ったという訳でもない。大阪で生まれ、中学で出会い意気投合、同じ高校を受験し2人とも合格、そこから今までずっと一緒なのだという。

もうすぐ50年近くも一緒にいるのだから、大抵のことでは動じないはずだろう。そう思うのだが、実際はそうでもなさそうなことがよく起きる。

両親の旅行中に母から電話がかかってきた時のこと。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]