オーストリア下院選で極右敗北 醜聞で自滅 先鋭化も
欧州の極右台頭 歯止めかかるか不透明

2019/9/30 16:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ウィーン=石川潤】オーストリアで9月29日投開票された下院選挙で、極右の自由党が得票率を大きく落として敗北した。2017年の前回選挙後に中道右派の国民党と連立政権を組んだが、相次ぐスキャンダルで有権者の信用を失い、自滅した。新連立は今後の交渉次第だが、自由党が仮に下野すれば移民排斥などの主張を一段と先鋭化させかねない。欧州での極右台頭に歯止めが掛かるかどうかも不透明だ。

「なすすべもなかった」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]