東芝、福島県から燃料電池受注 水素で発電

2019/9/30 16:00
保存
共有
印刷
その他

東芝エネルギーシステムズは30日、水素を燃料として発電する燃料電池システムを福島県から受注したと発表した。福島市のあづま総合運動公園に設置し、発電した電力は同公園内の体育館に供給する。福島県では再生可能エネルギーを利用した水素製造プロジェクトが進んでおり、県内で製造した水素を活用した発電インフラを整備する。

東芝エネルギーシステムズは福島県から水素で発電するシステムを受注した

東芝の純水素燃料電池システム「H2Rex」は同公園で2020年4月から運転を始める見通し。受注額は約2億円。水素を燃料としているため、発電時に二酸化炭素(CO2)を発生させないことが特徴だ。これまで全国各地に100台以上の納入実績がある。

あづま総合公園内の体育館横に設置する。体育館の照明や空調などの電力として使われる。発電する際に発生する熱はお湯として活用する。

発電に使う水素は同県浪江町で製造したものを利用する見通しだ。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝、東北電力岩谷産業が世界最大級の1万キロワットの水素製造装置を備えたプロジェクトを進めており、19年10月に建設が完了し試運転を開始する。同拠点から輸送し水素の供給を受ける。

東芝はこのほか、再エネから発生させた水素を貯蔵し、水素を使って計画的に発電し電力を供給するシステムも持つ。CO2を発生させないエネルギー供給設備として工場などにも拡販している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]