/

この記事は会員限定です

景気、下振れの「兆し」で対策を 諮問会議の民間議員提言

[有料会員限定]

政府の経済財政諮問会議の民間議員は30日夕に開催する同会議で、景気が下振れするリスクの「兆しがある場合」に経済対策を講じるよう提言する。これまで政府はリスクが顕在化する場合に「機動的なマクロ経済政策をちゅうちょなく実行する」との方針を示してきた。民間議員は10月1日の消費増税後には、より柔軟な経済運営が必要になるとみている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン