第一生命、不動産管理会社を子会社化 投資・管理を一体で

2019/9/30 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一生命ホールディングスは10月1日付で、不動産管理会社の第一ビルディング(東京・中央、高橋敦社長)を子会社化する。生命保険会社は資産運用の一環として不動産投資を認められているが、管理業務は本業と事業分野が異なる「業際」として制限されていた。第一生命は持ち株会社の傘下とすることで、投資・管理を一体で不動産ビジネスを強化する。

第一ビルディングは管理面積が約400万平方メートルと、大手ゼネコン系な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]