/

この記事は会員限定です

交雑牛の子牛、最高値圏に 乳牛生産シフトで供給減

[有料会員限定]

国産牛の一種で、和牛と乳牛を掛け合わせて生まれる交雑牛の子牛価格が高騰している。2019年度は年度平均で最高値だった18年度を上回る価格で推移している。交雑牛の子牛を繁殖させている酪農家が、価格の高い乳用牛の生産を増やしたことで供給が減っている。頭数減少で枝肉相場が値上がりすれば、輸入牛肉に需要を奪われる可能性もある。

交雑牛は、親牛の乳用牛から搾乳するために、和牛と交配して子牛を産ませることで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン