大型で強い台風18号 東シナ海から九州北部に接近へ

2019/9/30 9:11 (2019/10/1 0:19更新)
保存
共有
印刷
その他

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円の範囲は風速25m/s以上の暴風域。白の点線は予報円(台風の中心が到達すると予想される範囲)。薄い赤のエリアは暴風警戒域(台風の中心が予報円内に進んだ場合に暴風域に入る可能性のある範囲)

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円の範囲は風速25m/s以上の暴風域。白の点線は予報円(台風の中心が到達すると予想される範囲)。薄い赤のエリアは暴風警戒域(台風の中心が予報円内に進んだ場合に暴風域に入る可能性のある範囲)

30日に「強い台風」から「大型で強い台風」に変わった台風18号は沖縄・先島諸島から東シナ海に抜け、10月3日にかけて九州北部に接近する見通し。台風周辺へは雨雲が流れ込むため、激しい降雨も予想される。気象庁は暴風雨や高波、高潮による浸水被害に厳重な警戒を呼びかけている。

気象庁によると、沖縄・波照間島では30日夜、1時間に80ミリを超える猛烈な雨となった。沖縄で10月1日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は30メートル(45メートル)、波の高さは10メートル。2日午前0時までの24時間予想雨量は200ミリ。

台風18号は30日午後11時現在、沖縄・与那国島の北約70キロの海上を時速約30キロで北に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。中心の東側170キロ以内と西側110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]