/

台風18号先島諸島接近 暴風雨、高波に厳重警戒

強い台風18号は沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。30日には暴風域を伴って強い勢力で沖縄・先島諸島に接近する見通し。10月2~3日は西日本に近づく恐れがある。気象庁は暴風雨や高波、大雨に厳重な警戒を呼び掛けた。住宅の補強や避難準備など早めの対策が必要だ。

気象庁によると、先島諸島は30日夜を中心に猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけになる見通し。沖縄で30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は40メートル(60メートル)、波の高さは10メートル。30日午後6時までの24時間予想雨量は150ミリ、その後の24時間は200~300ミリ。

台風18号は30日午前0時現在、沖縄の南を時速約30キロで北西に進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心の東側110キロ以内と西側70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン