スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

橋岡、「悔しい」入賞 走り幅跳びで日本勢初

Tokyo2020
2019/9/29 20:27
保存
共有
印刷
その他

日本勢初の入賞を成し遂げた達成感もほどほどに、橋岡は「悔しさでいっぱい」と口にした。男子走り幅跳び決勝で目の当たりにしたのは、予選と違って8メートル台をそろえていく海外勢のレベルの高さだった。

男子走り幅跳び決勝で8位となった橋岡=山本博文撮影

男子走り幅跳び決勝で8位となった橋岡=山本博文撮影

【関連記事】橋岡8位入賞 走り幅跳びで初 世界陸上
3回目に7メートル97を跳び、わずか1センチ差で4回目以降に進める上位8人に滑り込んだ。ただ、そこから順位を上げられなかった。8位は自身のコーチである森長正樹氏の9位(1997年大会)を上回るが、8メートル32の自己ベストを持つ橋岡からすれば物足りない結果か。重圧の増す決勝で自身の力を出しきる難しさを思い知らされた。

ただ、伸び盛りの20歳には、その雰囲気を感じ取れただけでも大きな収穫だ。「爆発できる余力は持っている。どう引き出すかがカギになる」。今後は最高峰のダイヤモンドリーグに出場して経験値を高めるつもり。「東京五輪で表彰台に立つという思いで何をすべきか考えたい」とさらなる成長を誓った。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
先制ゴールを決め、森島(14)らと喜ぶ鈴木(共同)共同

 フル代表という旗印を掲げてはいるものの、今大会のチームは代表の椅子を狙う選手たちのオーディションという色合いが濃い。必死のアピールが求められるメンバーの中でも特にお尻に火がついているのが、わずか18 …続き (12/10)

「(ツアー優勝)最多記録を目指したい」と語る桃田の状態は万全そうだ=共同共同

 【広州=堀部遥】世界の8強が集うバドミントンのワールドツアー・ファイナルが11日、中国・広州で開幕する。日本は全種目で役者をそろえるが、男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)以外 …続き (12/10)

陸上日本選手権男子800メートルで優勝したクレイ・アーロン竜波共同

 陸上男子800メートルで6月の日本選手権を制したクレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)が来春の卒業後、秋に米テキサス農工大に進学する。11月25日には東京五輪やその後の国際大会で活躍が期待される若手 …続き (12/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]