/

立民代表、福島の処理水「放出はほど遠い」

立憲民主党の枝野幸男代表は29日、東京電力福島第1原発の増え続ける処理水の処分に関し「安全だからいいということにはならない。安心という点では、放出が許されるような状況にほど遠い」と述べ、現段階では海洋放出すべきではないとの認識を示した。さいたま市の会合で参加者の質問に答えた。

「安全と安心は似て非なるものだ。被災者や水産業者、消費者の安心がなければ、放出してはいけない」とも強調した。

処理水は原発の建屋内に注ぎ続けている冷却水や地下水で発生した汚染水を浄化処理した水。トリチウムという放射性物質を含む。処分方法は政府小委員会で議論している。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン