靴小売りタケヤが民事再生 大型商業施設への出店裏目
企業信用調査マンの目

2019/10/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

靴小売りを手がけるタケヤ(東京・立川)が8月30日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。ピーク時には150を超える店舗を展開し、地元では名門企業として知られていた。大型商業施設への出店を進めたことが裏目となってしまった。

タケヤの歴史は、岸沢竹次郎氏が1932年に靴職人として杉並区高円寺で独立創業したことにはじまる。現在のグッドイヤー製法の靴を製作販売し、社名は同氏の名前にちなんで付けられた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]