副業、来れ社外の専門人材 三菱地所が公募制度
10月からまず子会社で 本体でも検討

働き方改革
2019/9/28 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱地所は10月から副業として働きたい人の公募を始める。外部の専門人材の知見やノウハウを活用する考えで、まず子会社で受け入れを始める。将来は本体での受け入れも検討する。自社の社員の副業を容認する動きは大企業の間でも出ているが、社外の人材の副業の受け皿になるケースは珍しい。

三菱地所が9月30日の労使間の合意で決定する見込み。自社の社員の副業も解禁する。

副業による人材の受け入れを始めるのはメディ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]