スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

女子マラソン谷本、高温多湿で粘りの走り 世界陸上

Tokyo2020
2019/9/28 20:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

気温32.7度、湿度73.3%という過酷な環境でスタートした深夜のマラソン。蒸し暑さが残る中でゴールした谷本の表情には笑顔があった。初代表で7位入賞を果たし、「目標をクリアしてよかった」。体力が奪われる消耗戦で持ち味の粘りを披露した。

【マラソン谷本が7位、日本女子2大会ぶり入賞 世界陸上】

1キロを3分48秒前後で走るように指示され、序盤から無理をしなかった。力の差があるアフリカ勢を追えば自滅す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
陸上日本選手権男子800メートルで優勝したクレイ・アーロン竜波共同

 陸上男子800メートルで6月の日本選手権を制したクレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)が来春の卒業後、秋に米テキサス農工大に進学する。11月25日には東京五輪やその後の国際大会で活躍が期待される若手 …続き (12/5)

代表落ちがきっかけで平野は攻撃型に転じた

 卓球の東京五輪シングルス代表を巡る争いが最終局面を迎えている。残り1枠を巡り、女子は初出場を期す平野美宇(日本生命)が、石川佳純(全農)をわずかにリード。前回リオデジャネイロ五輪の選考では伊藤美誠( …続き (12/5)

コンゴ戦でシュートを決める田辺。日本はサイドシュートの決定力が命運を握る=共同共同

 ハンドボール女子の世界選手権第5日は4日、熊本県各地で1次リーグが行われ、試合のなかったD組の日本は5日のロシア戦に向けて休養に充てた。2勝1敗でD組3位につける日本は、残り2戦で1つ勝てば1次リー …続き (12/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]