低コスト投信に資金流入
若年層、長期目線で選別強める

2019/9/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

投資信託を運用コスト(信託報酬)で選別する動きが強まっている。指数連動型のインデックス投信を対象に1~8月の資金流出入を分析したところ、信託報酬が0.2%未満と最も低いグループへの流入額が1000億円超と特に大きいことが分かった。このところ存在感を強めている若年層の投資家は総じて金融リテラシーが高く、金融商品のコストに敏感なためだ。こうした変化を受け、投信の信託報酬の引き下げが相次いでいる。

三…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]