/

日本、優勝候補アイルランド破る ラグビーW杯

(更新)
後半、逆転のトライを決める福岡=右(28日、エコパスタジアム)

ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグ第2戦、日本―アイルランドは28日、静岡・エコパスタジアムで行われ、初の8強入りをめざす日本が、世界ランキング2位の優勝候補アイルランドに19-12と逆転勝ちした。日本は前回2015年大会の南アフリカ戦に続く、2大会連続の金星。2連勝の日本は勝ち点を9に伸ばしてA組首位に立ち、初の決勝トーナメント進出へ大きく前進した。

前半13分と20分にトライを奪われた日本はSO田村(キヤノン)が3PGを決めて9-12で後半に突入。後半18分、WTB福岡(パナソニック)のトライで逆転に成功した。1次リーグは残り2試合で、日本は10月5日にサモア、13日にスコットランドと対戦する。A組で2位以内に入れば8チームによる決勝トーナメントに進む。

3点を追う前半終了直前、アイルランドのキックオフミスで得たチャンスで、日本は果敢にセンタースクラムを選択した。相手が疲弊しているとみて、もくろみ通りの連続攻撃。フッカー堀江が得意のゴロキックをタッチライン際に転がし、WTBレメキを走らせたが、惜しくもラインを割って前半が終わった。

アイルランドの前半の2トライは、SOカーティからの精緻なキックから生まれたもの。強豪国のスキルを見せつけたが、前半での一気の逆転を狙ったように、序盤の勢いは明らかに日本にあった。

前半の立ち上がり、右肩のけがから復帰したナンバー8のマフィが密集でボールを奪い返し、相手防御を打ち破った。マフィは前半30分すぎにケガでピッチを去ったが、交代で入ったリーチが新たなガソリンを注入する。

相手の強力FWに対し、スクラムでも健闘。最初の相手ボールスクラムでは反則をとられたが、前半34分すぎ、自陣内での相手スクラムでは反則をとってやりかえした。右プロップの具は思わずガッツポーズ。これで得たラインアウトからの攻撃で反則を得て、SO田村が3本目のPGを決め、3点差に追い上げて前半を終えた。

相手をじりじりと追い詰めて迎えた後半18分だった。相手ゴール前、FWの頑張りでつないだ球を、CTBラファエレがクイックパス、ボールを受けたWTB福岡が左隅に飛び込み、この日のチーム初トライ。ついに逆転に成功した。試合直前のメンバー変更でベンチ入りしていた殊勲の福岡は「このために苦しい準備をしてきた」と喜んだ。

逆転されると、アイルランドは足が止まり始めた。2人がかりのタックルでも、日本選手の勢いを止められない。後半31分には密集での反則から得たPGを田村が決めて、19-12と突き放した。

さらに福岡がパスカットから独走してゴール前まで迫る。ここで得たスクラムからも攻め続け、アイルランドの選手があきらめたようにタッチに蹴り出し、試合終了。ジャパンの選手たちは跳び上がって喜んだ。田村は「アイルランドに勝つと信じて準備してきた。準々決勝も準決勝も決勝も目指している。国民の皆さんも僕たちはできると信じて待っていてください」と力強く語った。

前回大会で南アフリカを破った時は「奇跡」と称賛された。だが、今回は周到な準備とハードワークが勝因だ。「選手を誇りに思う。長い期間をかけてこの試合について考えてきた。選手が力をつけ、ゲームプランを遂行することができた」と日本のジョセフ・ヘッドコーチ。決して「奇跡」なんかではない。

(摂待卓)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン