7歳女児を240人で捜索 山梨、不明から1週間

2019/9/28 12:06 (2019/9/28 15:37更新)
保存
共有
印刷
その他

行方不明となっている女児の捜索を続ける自衛隊員(28日午前、山梨県道志村)=共同

行方不明となっている女児の捜索を続ける自衛隊員(28日午前、山梨県道志村)=共同

山梨県警などは28日朝、同県道志村のキャンプ場で21日から行方不明となっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)の捜索を再開した。不明から1週間となり、計約240人態勢で始めたが、自衛隊155人が28日正午で撤収した。「当初想定していた範囲の捜索を終えたため」としている。

これまでに山の斜面や小川、空き家の内部などを捜索したが、新たな情報や手掛かりは得られていない。この日は、民家への聞き込み範囲を広げたほか、既に捜した山中などで見落としがないか確認。27日午後に「崖から落ちてけがをした」と110番し、連絡が取れなくなっているボランティアを名乗る20代男性も同時に捜した。

小倉さんは21日に母親や姉、友人家族ら約30人で「椿荘オートキャンプ場」を訪れた。同日午後3時40分ごろ、近くの小川へ先に遊びに行った子どもたちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなっている。

キャンプ場は村役場の東約2キロの山間部にある。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]