スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

サニブラウン10秒09 余裕の準決勝進出

Tokyo2020
2019/9/28 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一関門は難なく通過した。20歳ながら3度目の出場となるサニブラウンはスタートの反応こそ遅れたが中盤持ち直して予選3着。最後は横を見ながら余力を残して駆け抜け、「何も考えず、とりあえず通ればよかった」と淡々と振り返った。

【サニブラウン・桐生・小池が準決勝へ】

左隣には9秒79の自己ベストを持つ優勝候補のコールマン(米国)がいた。序盤から常に背中を見る形になったが「特に気にせず、いないものだと思っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
陸上日本選手権男子800メートルで優勝したクレイ・アーロン竜波共同

 陸上男子800メートルで6月の日本選手権を制したクレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)が来春の卒業後、秋に米テキサス農工大に進学する。11月25日には東京五輪やその後の国際大会で活躍が期待される若手 …続き (12/5)

代表落ちがきっかけで平野は攻撃型に転じた

 卓球の東京五輪シングルス代表を巡る争いが最終局面を迎えている。残り1枠を巡り、女子は初出場を期す平野美宇(日本生命)が、石川佳純(全農)をわずかにリード。前回リオデジャネイロ五輪の選考では伊藤美誠( …続き (12/5)

コンゴ戦でシュートを決める田辺。日本はサイドシュートの決定力が命運を握る=共同共同

 ハンドボール女子の世界選手権第5日は4日、熊本県各地で1次リーグが行われ、試合のなかったD組の日本は5日のロシア戦に向けて休養に充てた。2勝1敗でD組3位につける日本は、残り2戦で1つ勝てば1次リー …続き (12/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]