/

この記事は会員限定です

KDDI、端末「最大半額」プラン見直し 批判受け

[有料会員限定]

KDDI(au)は携帯端末代金を4年間の分割払いで「最大半額」にするとうたった販売プランの内容を見直す方針を固めた。月額390円の利用料は取らないほか、対象を自社回線の契約者に限定する。同プランの広告表示や仕組みについては消費者庁や総務省から批判が出ており、早ければ11月に内容を見直した上で提供する。

見直すのは10月1日に始める「アップグレードプログラムDX」。48回の分割払いで、25カ月目以降に端末を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン