フリマアプリ執念の監視、万引き犯を摘発

スコープ
2019/9/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

盗品ではないか――。フリーマーケット(フリマ)アプリを監視していたNPO法人からの通報をきっかけに、窃盗容疑で男が逮捕された。法人は万引き被害に苦しむ小売店が参加する全国万引犯罪防止機構(東京)で、1年前から始めた不審な出品のチェックが実を結んだ。盗品対策はフリマアプリの運営会社も進めているが、完全に盗品の出品を防げていないのが現状だ。

警視庁が8月に窃盗容疑で逮捕したのは東京都国分寺市の無職の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]