住友ゴム、「ダンロップ」のテニスラケット 拡販へ新機能

2019/9/27 22:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タイヤ大手の住友ゴム工業は「ダンロップ」ブランドのスポーツ事業を拡大する。27日、テニスラケットの新製品「SX」シリーズを12月に発売すると発表した。スピンの性能を追求し、打球の飛距離のばらつきを抑える。2020年には新たなラケットも投入する。

同社が全世界でダンロップブランドを扱えるようになって2種類目の商品となる。「スピンを再定義する」。商品開発部の山本陽介主査は東京都内で開いた発表会で力を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]