教育無償化、保育サービス需要を後押し 英語にも関心

2019/9/27 22:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月から幼児教育・保育の無償化が始まり、保育サービスの需要が高まるとの見方が強まっている。国からの補助を受け、一部の家庭が教育や保育に多くの資金を振り向けるとみて、認可外で英語教育などに力を入れる保育施設やベビーシッター、幼児教室は商機と捉える。私立幼稚園や認可外保育施設が便乗値上げをする恐れもあり、政府は注意を促している。

消費増税による税収増を財源に始まる幼児教育・保育の無償化では3~5歳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]