5Gで花開く「遠隔操作」 ヒト・モノのシェアが実用に

コラム(テクノロジー)
2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5Gの高速大容量・低遅延という特性を生かし、高い信頼性が求められる遠隔操作が実用の域に達しつつある。労働者人口の減少という社会問題に対し、5Gを使った人材や設備のシェアリングが、解決の糸口になる。

5Gを使って自動運転車を遠隔操作する技術の開発が進んでいるが、安全上、常に遠隔操作することは想定しにくく、自律的な自動運転技術の確立が前提になる。これに対し、技術的なハードルが低く、実用化間近とみられ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]