イラン、拿捕の英タンカーを解放、ドバイ向け出港

2019/9/27 20:42
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=共同】イラン沖のホルムズ海峡で7月に拿捕された英国船籍のタンカーが解放され27日朝、イラン南部バンダルアバス港から出港した。ロイター通信が伝えた。船を所有するスウェーデンの会社によると、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに向かう。船員らはドバイで医療検査を受け、本国に戻る見通し。

イランが解放した「ステナ・インペロ」=ロイター

船は、イラン革命防衛隊が7月19日、拿捕した。同4日に英領ジブラルタル当局が制裁下のシリアに原油を輸送しようとしたとしてイランのタンカーを拿捕したことに対抗した措置だった。

ジブラルタル当局は8月、イランタンカーを解放し、イラン政府は今月23日、近く解放する見通しを示していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]