憲法審、自民が狙う3目標 国民投票法改正・CM議論の着地・自民案提示

憲法改正
2019/9/28 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月4日召集の臨時国会では憲法改正に関する議論が進展するかどうかが注目点の一つとなる。安倍晋三首相は先の参院選以降、与野党で改憲の議論をするよう求めている。改憲議論の舞台となる衆参両院の憲法審査会で自民党がめざす3つの目標をまとめた。

臨時国会の改憲議論で自民党がめざすのは(1)改憲の是非を問う国民投票法改正案の成立(2)野党が求める国民投票のCM規制強化に関する議論の着地(3)自民党改憲案の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]