三井住友銀行、窓口手数料を一部引き上げ 12月から

金融最前線
金融機関
2019/9/27 20:00
保存
共有
印刷
その他

海外に送金する際の手数料は12月から7000~8000円と現在の2倍前後に引き上げる

海外に送金する際の手数料は12月から7000~8000円と現在の2倍前後に引き上げる

三井住友銀行は27日、銀行窓口の手数料を一部引き上げると発表した。海外に送金する際の手数料を12月から7千~8千円と現在の2倍前後にするほか、来年4月には50枚入りの手形帳と小切手帳を1冊あたり2千円(税抜き)から1万円に上げる。いずれもネットバンキングを使う場合の手数料は据え置く。

多くの硬貨を店頭に持ち込んで入金する際の「硬貨入金整理手数料」を12月に新設。300枚までは無料だが、301枚から500枚までは500円、501枚から1000枚までだと1千円の手数料を徴収する。

【関連記事】
みずほ銀、窓口振込・両替手数料上げ
北海道銀行、両替手数料など引き上げ
北洋銀、両替手数料などを引き上げ 全国並に
銀行、休眠口座に手数料案浮上 マイナス金利を転嫁

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]