新興の資金調達に冷や水 外資の出資規制、対象業種増加

2019/9/27 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

増加基調にあるスタートアップ企業の資金調達にブレーキがかかりかねない事態が起きている。8月末に外資による日本企業への出資を規制する外為法の対象業種が追加され、幅広いIT(情報技術)企業が事前に国に届け出る対象となったためだ。ベンチャーキャピタル(VC)の事務作業の増加や関連省庁の審査により、実際の投資が遅れる例が出ている。スタートアップからは悲鳴が聞こえ、業界は対策に乗り出した。

「1カ月、投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]