豊富町のフレーバーバター、新鮮食材と牛乳の出会い
北海道・食の王国

2019/9/27 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道北部の豊富(とよとみ)町に旅館発のユニークなバターがある。礼文島産のうにや利尻昆布、山ワサビなど北海道産の新鮮な食材と同町で生産されるできたてのバター。国内トップクラスの2つの食材が織りなす「フレーバーバター」は、全国から注文が絶えない人気となっている。

札幌からJRで北へ約4時間半、豊富町で1927年から温泉旅館を営む川島旅館の3代目女将、松本美穂さんがフレーバーバターの生みの親だ。季節…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]