/

この記事は会員限定です

[社説]関西電力に原発事業担う資格はあるか

[有料会員限定]

原子力発電所の立地・運営や、原発に関する行政への信頼を大きく損なう事実が発覚した。

関西電力の八木誠会長や岩根茂樹社長ら20人が、高浜原発がある福井県高浜町の元助役(故人)から多額の金品を受け取っていた。儀礼的なもの以外はすでに返却したというが、総額は計3億2千万円相当にのぼる。

電力会社と地元の癒着という、前世紀の悪弊を思わすような行いに驚きと失望を禁じ得ない。

しかも金品のやり取りがあったの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン