/

五輪チケット抽選に不正ID3万件 6900枚が無効に

抽選結果が表示された東京五輪観戦チケットの公式販売サイト

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は27日、五輪の観戦チケット抽選で、虚偽の個人情報で不正にIDを取得したケースが約3万件みつかったと発表した。このうち約1200件が当選しており、計約6900枚(1億8千万円分)が購入された。組織委は警視庁に相談するとともに、今後の対策を検討する。

抽選申し込みに必要なIDは名前や住所、メールアドレスなどを登録したうえで取得する。登録時に虚偽情報を使ってIDが取得されていたという。不正なIDは5月に申し込みを受け付けた1次抽選で見つかった。

組織委はチケット販売の規約に基づき、不正なIDで当選したチケットを全て無効にし、返金しない方針。

組織委は「規模は大きく、グループによる行為とみている」としているが、発覚経緯など詳細は明らかにしていない。海外から申し込みされた可能性もあり、組織委は慎重に調査を進めている。組織委によるとIDの登録件数は27日現在で、約771万件となっている。

また、組織委は9月11日に結果を公表した追加抽選についておよそ140万人から申し込みがあり、約12万人が当選したと発表した。用意した68万枚余りのうち約35万枚が販売された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン