東京都府中市、防犯カメラ増設へ自販機業界団体と協定

2019/9/27 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都府中市は、防災・防犯自販機協会(東京・豊島)などと、防犯カメラの設置・運用に関する協定を結んだ。市は自動販売機の設置場所を提供し、同協会が設置した自販機からの収益をもとに防犯カメラの設置を進める。住民からの防犯カメラ増設の要望に対応するもので、都内では初めての取り組みだという。

防災・防犯自販機協会は自販機導入や飲料の販売を手掛ける会社が設立した一般社団法人で、ほかの自治体とも同様の協定を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]