/

この記事は会員限定です

東京都府中市、防犯カメラ増設へ自販機業界団体と協定

[有料会員限定]

東京都府中市は、防災・防犯自販機協会(東京・豊島)などと、防犯カメラの設置・運用に関する協定を結んだ。市は自動販売機の設置場所を提供し、同協会が設置した自販機からの収益をもとに防犯カメラの設置を進める。住民からの防犯カメラ増設の要望に対応するもので、都内では初めての取り組みだという。

防災・防犯自販機協会は自販機導入や飲料の販売を手掛ける会社が設立した一般社団法人で、ほかの自治体とも同様の協定を結...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン