タカラバイオ、バイオ医薬品の申請取り下げ

ヘルスケア
関西
2019/9/27 17:38
保存
共有
印刷
その他

タカラバイオは27日、悪性黒色腫(メラノーマ)を対象にしたバイオ医薬品について、製造・販売の承認申請を取り下げると発表した。3月に同社として初めて承認を申請したが、厚生労働省が求める要件を満たせないなどの理由から判断した。腫瘍溶解性ウイルス「C-REV」を使った製品で、大塚製薬と提携している。今後は膵臓(すいぞう)がんを対象にした開発を優先する。

提出したデータでは厚労省の要件を満たせなかったという。また、すでにメラノーマの治療薬が複数販売されており、開発中の膵臓がんを対象にした医薬品に経営資源を集中させるのが適切と判断した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]