AIで1次産業を革新 マグロ識別、風邪引き豚検知も

コラム(テクノロジー)
AI
科学&新技術
2019/9/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業や漁業、畜産業で人工知能(AI)を利用して現場の難問を解決しようとする機運が盛り上がっている。政府もロボットやドローン(小型無人機)を活用する「スマート農業」を唱えて1次産業の革新を支援する。最新技術を取り入れて担い手不足を補うとともに、効率を向上して産業の付加価値を高めていくねらいだ。

沿岸の海に網を仕掛ける定置網漁業が盛んな北海道函館市で、漁業者とはこだて未来大学が2014年から、AIを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]