AI化の失職リスク 日本女性は男性の3倍
IMF調査 男女差は世界最大

2019/9/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)など仕事の自動化がもたらす失職リスクの男女差は日本が世界最大になることが、国際通貨基金(IMF)がまとめた調査で明らかになった。日本では女性の仕事の12%が失職リスクにさらされており、男性の約3.4倍に達するという。

調査は経済協力開発機構(OECD)加盟国など30カ国を対象に実施した。韓国(2.4倍)やイスラエル(2.3倍)、チリ(1.9倍)も男女差が大きい結果となった。IMF…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]