データ共有とまちづくり(2) 大きな経済的価値を創出
筑波大学教授 川島宏一

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/9/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オープンデータと言った場合、開放性の高いデータそのものを意味することもありますが、「オープン・ガバメント・データ・ムーブメント」の略と考えた方が適切です。つまり、公共機関が税金で作り管理している原則全てのデータを、機械判読可能な形で公開し、営利・非営利に関係なく、その利用を通して新たな価値を創出しようとする世界的な運動です。

オープンデータが世界中で注目され広がっているのはなぜでしょうか? いく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]