長野県池田町 日本酒&ハーブカクテル入賞作をPR

2019/9/27 15:25
保存
共有
印刷
その他

長野県池田町が地元特産の日本酒とハーブでつくるカクテルの広報活動を始めた。2018年に実施したカクテルコンペ受賞作のレシピを公開し、飲食店へ採用を呼びかけている。受賞作のカクテルを紹介するイベントも10月に開く。地域資源を組み合わせて街の活性化につなげる。

池田町の日本酒&ハーブのカクテルコンペの入賞作品

池田町には酒造会社、大雪渓酒造と福源酒造がある。「花とハーブの里」をテーマにハーブ栽培に力を入れている。そこでハーブと地元の日本酒を組み合わせたカクテルのコンペを開き、入賞作品は5種類あった。レシピをまとめた冊子を用意し、メニューとして採用した飲食店をホームページで紹介する。

10月8日にはハーブと日本酒を楽しむイベントを福源酒造内で催す。ハーブ・薬草をテーマにした特別講演のほか、日本バーテンダー協会長野支部長が受賞カクテルを披露するほか、白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館の料理長がカクテルに合う料理を紹介する。

試飲・試食するワークショップもある。特別講演以外は予約制で、ワークショップは材料費が必要だ。会場までは無料送迎バスを用意する。問い合わせ先は池田町花とハーブの里推進係(電話0261・62・3127)。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]