/

この記事は会員限定です

宅配各社の「空飛ぶトラック」 そんなに急いで何運ぶ

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ヤマトホールディングス(HD)は8月下旬、電動で垂直離着陸できる無人輸送機の試験飛行を米国で実施した。2025年にも日本で空輸サービスを始める予定だ。日本郵便、楽天などもドローンによる空輸実験を始めた。にわかに"空飛ぶトラック"が現実味を帯びてきたが、一体何を運び、どんな場面で活躍するのか。物流関係者の見立てなどを基に予想してみた。

米テキサス州での無人輸送機の実験に参加したヤマトHDの長尾裕社長は具体的にどんなサービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン