偏差値から到達度評価へ 大学入試「一点刻み」打破を

大学
2019/9/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年度の大学入試改革に懸念の声が強まる中、入試制度に詳しい福岡県立大学の柴田洋三郎学長は、抜本的な入試改革、教育改革に取り組む大学・高校の主体性が必要だと指摘する。

大学入試が変革期を迎えている。「高大接続システム改革」のもと、今の高校2年生が受験する20年度から、31年間続いた大学入試センター試験が大学入学共通テスト(新テスト)になる。

新テストでは英語の民間資格・検定試験が活用され、1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]