[FT]南アで広がる外国人排斥、アフリカ経済に打撃

FT
2019/9/27 15:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1950年代後半にアフリカ諸国が次々に独立に動いたとき、植民地支配を受けたアフリカ大陸をバルカン化(分裂した小国が互いに敵視する状態)から防ぐことができるのは汎アフリカ主義の思想だと考えられていた。ガーナのクワメ・エンクルマやタンザニアのジュリウス・ニエレレといった独立運動指導者たちが唱えた汎アフリカ主義は、アフリカ人は共通の歴史を持ち、命運をともにするのだと訴えた。

この思想は、タボ・ムベキが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]