/

この記事は会員限定です

[FT]南アで広がる外国人排斥、アフリカ経済に打撃

[有料会員限定]
Financial Times

1950年代後半にアフリカ諸国が次々に独立に動いたとき、植民地支配を受けたアフリカ大陸をバルカン化(分裂した小国が互いに敵視する状態)から防ぐことができるのは汎アフリカ主義の思想だと考えられていた。ガーナのクワメ・エンクルマやタンザニアのジュリウス・ニエレレといった独立運動指導者たちが唱えた汎アフリカ主義は、アフリカ人は共通の歴史を持ち、命運をともにするのだと訴えた。

この思想は、タボ・ムベキが南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2361文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン